ふりかけが作られるまでの工場内容が画像とともに記載されております。大量生産している会社のほとんどが踏んでいる工程が丸わかり☆ふりかけがどのようにして作られているか見学できますので、ふりかけについて知って頂けたらと思います。ご覧ください!!

カートを見る
トップページ > 画像でわかる! ふりかけ工場見学

画像でわかるふりかけ工場見学!!



◆ふりかけができるまで


ふりかけが出来るまで1   ふりかけが出来るまで2   ふりかけが出来るまで3
かつお節は昔ながらの方法で作ったものを使います。     かつお節を薄く削ります。
ふりかけでは重要なかつお節になります。
かつお節は、昔ながらの方法で作ったものを使います。
  まずは、かつお節を大きな釜で蒸して柔らかくします。
柔らかくすることで、かつお節を削る作業をやりやすくします。

  工程2の大きな窯で柔らかくした、かつお節を薄く削ります。
スーパー等で良く見かける、かつお節削りの完成です。
かつお節の鮮度は、削ってから鮮度が落ちていくため弊社では削りたてのかつお節削りを使用します。
また、弊社ではかつお節削りには「糸削り」と「平削り」の2パターンのものを使用しており、太さの異なるものを使うことにより、色々なふりかけでの「食感」や「味付け」などに対応しております。






ふりかけが出来るまで4   ふりかけが出来るまで5   ふりかけが出来るまで6
大きな鍋で味付け用の調味液を煮ます。   削ったかつお節と、調味液を乾燥機に入れます。   乾燥機から出てきたかつお節。
ふりかけでは、大事な味付けに使用する液を大きな鍋で煮ます。
さまざまな配合品を決められた配合で調味し味付けします。
  工程3で「薄く削ったかつお節」と、工程4で調味した、「味付け用の調味液」や「ごま」などをこちらの機械(乾燥機)に投入します。
乾燥機の中で、かき混ぜて均一になってから熱をかけます。

工場担当者より
熱の伝わり方で変化が激しいとのこと。

  工程5の「乾燥機」で乾燥し、調味液などで味付けされ出てきた「かつお節フレーク」です。
しっかりと味がしみて、香ばしい匂いがします。
ふりかけで使用される1つのパーツ(フレーク)の完成です。




ふりかけが出来るまで7   ふりかけが出来るまで8   ふりかけが出来るまで9
こちらはたまごの顆粒。   配合機で混ぜます。   出来上がったふりかけを袋に詰めます。
こちらは「たまごの顆粒」です。
たまご味になるよう調味液等を配合し
機械で粒になるよう固めています。
この他にもふりかけで使用されるパーツ(たらこ、わさび、さけ、まぐろなど…)の粒を作ります。

1度にこのバケツ10キロ~20キロものパーツが作られます。

※この粒(顆粒)にする作業がうまくいくものとそうでないものとあり一苦労なのです。
  これまでの工程でできたパーツを決められた分量で測り、この配合機で均一になるまで混ぜます。
ちなみに、1日に混ぜる量は約3トン。
たくさんの量をこの機械を使い混ぜ合わせます。
お弁当用の小袋が2~3gなので、約100万食分を毎日作っています。
これで中身のできあがり。
  工程8で混ぜられたふりかけを小分けの袋に詰めます。
この工程では、機械で均一の内容量を入れ、シールをします。





                                                       小袋タイプのふりかけは
ふりかけが出来るまで10   ふりかけが出来るまで1   ふりかけが出来るまで2
ひと袋づつチェックをしてから箱に詰めます。






 
こちらは小袋詰合せを作る機械。   袋に詰めてシールして、流れてきます。
工程9で詰められたふりかけは、シールをされX線・金属探知機・重量等のセクションを通り、ひと袋ずつチェックして、箱に詰めます。これで完成。   1から8までの工程を踏みます。
こちらは、下の商品の様な詰め合わせふりかけに入れる小袋ふりかけを詰める機械です。
1つの機械で、4種類の味種をいっぺんに詰めることができます。
  小袋を4種類(味種)5袋づつ数え袋に入れシールをする作業です。
20袋のタイプのふりかけですと、4種類の味が5袋づつ入っています。
シールをし、X線・金属探知機・重量等のセクションをすごいスピードで流れてきます。
小袋を数えて入れるのは「まさに職人技!!
※キャラクター商品はこれに「おまけシール」を入れます。







ふりかけが出来るまで3    色々なタイプのふりかけの完成!   各 ご家庭で!!
最後は1つづつ確認します。        温かいご飯にかけてお召し上がり下さい。
シールして出来上がった商品を数えボールに入れる作業です。
こちらも最後は1個ずつ確認して不具合がないか確認をします。
   こうして袋タイプのふりかけや小袋タイプの詰め合わせふりかけが出来上がり段ボールに入れられ出荷されます。    ふりかけは暖かいご飯にはもちろん!お弁当にも!パスタやパンにも!かけてアレンジすることもできます。
おいしいふりかけをぜひ!!

アレンジレシピはこちらをクリック↓
◎アレンジ◎

 





ページの先頭へ戻る